文字サイズ 文字サイズ 文字サイズ 文字サイズ

学生納付特例制度について

日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。
本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。なお、家族の方の所得の多寡は問いません。

(注1) 本年度の所得基準(申請者本人のみ)
128万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等
(※)令和2年度以前は118万円

(注2)
学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校及び(※1)各種学校、(※2)一部の海外大学の日本分校に在学する方で夜間・定時制課程や通信課程の方も含まれますので、ほとんどの学生の方が対象となります。

(※1)
各種学校⇒修業年限が1年以上の課程に在学している方に限ります (私立の各種学校については都道府県知事の認可を受けた学校に限られます。)
(※2)
海外大学の日本分校⇒日本国内にある海外大学の日本分校であって、文部科学大臣が個別に指定した課程に在籍する方
対象となる学校は日本年金機構ホームページの、学生納付特例対象校一覧より確認していただくことができます。

申請の方法に関して

学生納付特例制度の申請書は専用フリーダイヤルよりご依頼下さい。
制度のご案内・書類をご郵送いたします。

大阪コンタクトセンター 専用フリーダイヤル(ご訪問のご希望もこちらへご連絡ください)→フリーダイヤル:0800-600-0600 →フリーダイヤル:0800-808-7000 受付時間→9:00~21:00 (年末年始・お盆は除く)

※お客様との通話内容(お客様からお受けする電話、当社からおかけする電話のいずれの場合も含みます)は、品質向上の観点から、 全通話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。

ページトップ